Home > ベンチャー企業一覧 > 株式会社クレコ・ラボ

エコでプロモーション - 株式会社クレコ・ラボ

エコでプロモーション

株式会社クレコ・ラボ

代表取締役 興津世禄

株式会社クレコ・ラボは、奈良県吉野の間伐材等を活用した、森を守ることに貢献するノベルティ商品の販売、400人を超えるクリエイターのネットワークシステムを活用したデザイン製作(ロゴデザイン、名刺デザイン、チラシデザイン、ポスターデザイン、ウェブデザイン、イラスト・キャラクターデザイン、商品デザインなどの製作)のサービスを行なっております。
「エコ」と「クリエイティブ」の力で、“「エコ」という切り口でブランド構築やプロモーションを実施したいが、何をしたらよいのかわからない”、“デザイン、アイディアがマンネリ化してきている”といったお悩みを解決します。
これまで、「エコ」と「クリエイティブ」のどちらか一方を付加価値として提供できる企業はありましたが、クレコは、両方を兼ね備えています。クリエイティブと環境を両輪とすることで、相乗効果を高め、今までにない全く新しい付加価値をお客様にご提供いたします。

環境にも日本にとってもいいものを売っていくという思いで起業した興津社長。「エコ」と「クリエイティブ」の力で、資源・エネルギーのない日本の国力を上げていきます。

会社の生い立ちを教えてください

 

起業しようと考え出したのは、就職して3年目くらいからでした。元々は三菱総合研究所に就職し、エネルギー研究本部にて、新エネルギー・省エネルギー関連 のプロジェクトに従事していました。私はシンクタンクに勤める叔父のライフスタイルや考え方・知識力に凄く憧れ、同じ業界に行きたいと考えていました。また、環境分野の勉強をしていたので、それで社会に貢献できないかという想いでその会社に就職しました。環境というよりは、資源・エネルギーが無い日本の自給率を、いかに上げていくかということを考えていました。自国内で出来るようにしたいという想いがあったんです。

 

三菱総研では、コンサルタントと して仕組みづくりはできますが、その先が出来ませんでした。しかし、私は実際にビジネスを進めていくところがやりたかったのです。そのためには起業するしかないと思いました。

やるにあたって、まずは経験を積まなくてはいけないと考え、事業立上げのできるベンチャー企業へ転職をしました。そこで色々やりなが ら、事業を1つ立ち上げることができ、環境という切り口で盛り上がっている時期でもあったので、今が起業のタイミングだと思い株式会社クレコ・ラボを設立 しました。

大切にしていることはなんですか?

 

クレコ・ラボでは、日本の自給率を上げることに繋がることをやっていきます。売上げが上がるものでも、そこに繋がらないものはやらないようにしています。真に環境に良いものは何かと常に自問し、環境にも日本にも良いものを売っていきます。

 

日本で眠っている資源を使おうということで、間伐材に目をつけました。育ちすぎて過度に密集した森林は日当たりが悪くなり、結果、全てが細く弱い木になって しまいます。やせ細った森林では、十分にその役割を果たすことができません。「間伐」は、森林の健全な成長を促すために木を伐採し、十分な日当たりが確保 できるようにする大切な作業で、間伐の作業を行った際に伐採される木材を間伐材といいます。これらの木材は成長過程において伐採されたものですが、品質に は全く問題がありません。従って、わざわざ木を切り倒して加工する木材より、間伐により発生した木材=「間伐材」の利用が、より地球に優しいと言えます。

奈良県吉野は林業では日本の代表的エリアで、また世界遺産として世界からの注目度も高く、吉野の森林を守ることは日本の環境への取り組みの中で重要な位置づけになります。そこで、奈良県吉野の間伐材を活用したエコグッズを販売しています。

これからの日本に一言おねがいします

 

クレコという名前は、「クリエイティブ」と「エコロジー」をかけたものです。最初は株式会社クレコにしたかったのですが同じ名前の会社がいくつかあった為、色々なものを生み出すという意味を込め、クレコ・ラボという会社名にしました。
 

 

我 々の理念は“「真に環境に良いもの」を世の中のニーズに合わせて提供する”ことです。当たり前のように見かけるようになった「エコ」の二文字。最近はエコ に対する関心も高く、72%の人が商品購買を通じて社会貢献活動に参加したいと回答しています。品質の同じ商品を比較して、社会への貢献度の高い企業のブ ランドを選択したことがある人は35.1%に達しています。

商品を欲しいと思わせるための見せ方、「デザイン性」は重要ですが、今の時代それだけでは片手落ちです。商品購入後の満足度を高め、ブランド力を向上させるため、「エコ」の果たす役割は大きくなってきています。
「デザイン(クリエイティブ)」は商品を訴求するための重要な要素であり、それに「エコ」という要素を加えることによって、買った後の「満足感」を向上させ、 商品のブランド価値を高めます。クレコ・ラボは「クリエイティブ」と「エコ」という2つの強みを活かし、企業の商品・サービスの付加価値を高め、事業活動 を通して、持続可能な社会の構築を行なうことを目指しています。

日本に眠っている資源を活用して、エコ関連の「ノベルティグッズ・販促物・商品」の企画・ 製作・販売を行なっています。また、個人で活動しているクリエイターと連携することで、クリエイターの地位向上にも努め、日本のクリエイティブ文化を側面 からサポートしていきます。

プロフィールプロフィール


出身地 神奈川県
生年月日 1976年6月10日(ふたご座)
血液型 A型
好きな言葉 とりあえずやってみる
尊敬している人物 叔父(村上輝康)
お勧めの本 坂の上の雲/司馬遼太郎
趣味 フットサル、サッカー
好きな食べ物カレー
出没エリア 浦和周辺

会社概要

企業名株式会社クレコ・ラボ
事業概要エコ関連ノベルティ・販促物・商品の企画・製作・販売
ロゴデザイン・グラフィックデザイン・ウェブデザイン、システム開発等のクリエイティブ事業
環境マーケティング事業
環境ブランディング事業
資本金900万円
所在地〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクエア
代表者代表取締役 興津 世禄
ホームページhttp://creco-lab.co.jp/

 

アクセスマップ

※このサイトは、取材先の企業から提供されている情報を忠実に掲載しております。 ユーザーは、提供情報の真実性・合法性・安全性・適切性・有用性について弊社(株式会社ディーバ)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職・転職・投資・業務提携などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社ディーバ


ベンチャー企業一覧

  • ベンチャー転職・求人・人材紹介会社「株式会社ディーバ」
  • ベンチャー企業に特化した求人情報・転職支援・人材紹介「ベンチャー求人.com」
  • 農業業界に特化した求人情報・転職支援・人材紹介「農業求人.com」
  • コンピテンシーを利用した業績向上のための人事評価制度構築・運用「人事評価システムASP(評価くん)」