Home > ベンチャー企業一覧 > 株式会社モバイルファクトリー

世界の人々をハッピーに - 株式会社モバイルファクトリー

世界の人々をハッピーに

株式会社モバイルファクトリー

代表取締役 宮嶌裕二

当社の事業内容は、 “モバイルコンテンツ事業、メディア事業”、“ソリューション事業”です。現在は広告が良くない時代で、課金サービスに力を入れていますが、広告はずっとやっていきたいと考えています。
社名は、まずモバイルに特化し、モバイル上のサービスを生み出す工場のようにありたいという想いから「モバイルファクトリー」としました。最初からモバイルにこだわっていました。前職ではサイバーエージェントに勤めていて、それでネット業界で起業しようと決めていたんです。まだ当時、モバイル業界は、PC業界のように大きい会社はなく、未知なる可能性があると思ったのです。
社風は、社員同士が仲良く和気あいあいとしていますね。私は、「人」との絆・関わりを持つことはとても大切なことで、「コミュニケーション」は重要だと考えています。ですから、社員同士のコミュニケーションを活発にする為の環境づくりにはとても力を入れています。「ランチ会」や「部署絆会」など様々な福利厚生を用意しています。
※ランチ会・・2ヶ月に1度、会社から一人2.,000円支給され、部署を超えたグループランチを楽しむ。
※部署絆会・・会社から一人3,000円支給され、部署単位でランチや飲みに行くことができる。

とにかくお金を稼ぎたいという想いから起業した代表取締役社長宮嶌氏。今はお金よりも大切なものに気付き、人に喜んでもらい幸せにすることを自身のテーマとしています。そんな宮嶌氏が世の中を便利にし、周りを幸せにする為、これからも走り続けます。

会社の生い立ちを教えてください

 

cmpr2_37.JPG前職のサイバーエージェントで、オプトインメール(サイバーエージェントでの事業名はメールイン)事業をたちあげました。この事業は別会社化されていたの ですが、売却されることになり、それを機に、かつてから考えていた「起業」を真剣に考えました。起業のために蓄えていたお金もありましたので、30歳の誕 生日を迎えた直後、有限会社モバイルファクトリーを設立しました。

 

起業は、浪人時代の19歳の頃から考えていました。美容院を経営していた母が病 気で亡くなり、父親が引き継いだのですが、倒産し、借金生活。それからの生活は厳しいものでした。お金が無い事がこんなにも人を苦しめるなんて・・お金を 稼ぐには起業するしかないと思ったんです。

大学卒業後、ソフトバンクに入社しました。孫さんの下で働き、学びたいと思ったんです。ソフトバンクでは、仕組みを作ることの重要性を学び、「頭に汗をかく」ということを叩き込まれましたね。サイバーエージェントではインターネットビジネスについて学びました。

サ イバーエージェントでもソフトバンクでもトップ営業だったので、独立しても売れると思っていたのですが、モバイルファクトリーを設立して1年目は本当に売 れませんでした。自信を持って独立したのですが、自分がトップ営業だったのは会社の持つブランドのおかげだと思い知らされましたね。

2年目で、何故売れないのか気付き、顧客のニーズに応えた商品提供を行い、営業方法も変えたところ、凄く売れ出し、立ち直すことが出来ました。ある展示会になけなしのお金で出展し、準大賞をいただいたことがきっかけです。

大切にしていることはなんですか?

 

我々がミッションとして定めているのは、「わたしたちが創造するモノを通じて、世界の人々をハッピーにすること」です。これは1年半前に出来たものです。プロジェクトとして立上げ、私と取締役で考えました。

 

こ のミッションのほかに、クレド作成もプロジェクトとして立上げたのですが、これは自発的に手を挙げた社員たちと共に作ったものです。「社員は財産であ る」、「チャレンジし続ける」、「スピード×クオリティ」、「ありがとうで高収益を」という4つの価値観の下に8つのクレドがあるのですが、これに基づい て行動・決断しています。クレドを作るのには、半年間かかりました。毎週会議をしていましたね。

また、当社では最近評価制度を改正しました。ま ず、社員が各々で目標を設定し、目標に対してどれくらい自分がコミットできたのかを自分で出します。それを上司と話し、上司が査定します。今まで、スタッ フ層とマネージャーの開きがあったのですが、この制度をきっかけに開きをなくし、階級の層を増やしたんです。

これからの日本に一言おねがいします

 

当社のサービスはエンターテインメントです。我々が取り扱っているコンテンツは有料ですが、その分、使っていただいている方の時間をハッピーにしていると 思います。人生には、エンターテインメントは必要不可欠です。現在、日本でモバイルコンテンツが盛り上がっているのは、日本が豊かだからだと思っていま す。これからも利用者の方々の豊かな生活に少しでも貢献する為、携帯で色々なことを出来る便利さ、楽しさを提供していきます。

 

この仕事は、難しい 仕事だと思います。今の不況の中で、お金を払ってもらうのは非常に大変なことです。雑誌も広告をとれず、廃刊になっているものが多くある中、有料コンテン ツを売ることは無料のサービスと違い難しいです。しかし、有料コンテンツの提供は成功することが難しいからこそ、ここで成果をだせば、どこにいってもやっ ていける能力を身につけることが出来るはずです。

我々は、2013年までに次の3つを中期経営目標としています。
1.モバイルの特定分野で圧倒的な日本一になる(シェア75%以上)
2.2,000以上の顧客に喜ばれ、かつ20億円の売上を達成する
3.300万名以上のユーザーに喜ばれる黒字サービスを生みだす

目標は明確に設定しています。明確に設定することで、これを達成しようと目標に向かって進むことが出来ます。中長期計画を基に部門ごとに目標を設定し、さらに各個人も目標を設定しているので、社員全員が同じ目標に向かって頑張っています。

プロフィールプロフィール


出身地 東京都
生年月日 1971年
血液型 O型
好きな言葉 全ては夢をもつことから始まる/孫正義著
尊敬している人物 孫正義、藤田晋
お勧めの本 7つの習慣/スティーブン・R.コビー
趣味 料理
好きな食べ物 カキフライ
出没エリア 新宿、渋谷

会社概要

企業名 株式会社モバイルファクトリー
事業概要 公式サイト運営事業
モバイルメディア運営事業
ソリューション事業
CGM運営事業
設立年月日 2001年10月1日
資本金 22,450万円
所在地 〒141-0031
東京都品川区西五反田8-1-5
五反田光和ビル 8F
代表者 代表取締役 宮嶌裕二
ホームページ http://www.mobilefactory.jp/

 

アクセスマップ

※このサイトは、取材先の企業から提供されている情報を忠実に掲載しております。 ユーザーは、提供情報の真実性・合法性・安全性・適切性・有用性について弊社(株式会社ディーバ)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職・転職・投資・業務提携などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社ディーバ


ベンチャー企業一覧

  • ベンチャー転職・求人・人材紹介会社「株式会社ディーバ」
  • ベンチャー企業に特化した求人情報・転職支援・人材紹介「ベンチャー求人.com」
  • 農業業界に特化した求人情報・転職支援・人材紹介「農業求人.com」
  • コンピテンシーを利用した業績向上のための人事評価制度構築・運用「人事評価システムASP(評価くん)」