Home > ベンチャー企業一覧 > 株式会社NOPPO

"10年後の職業希望ランキング1位=農業"に - 株式会社NOPPO

"10年後の職業希望ランキング1位=農業"に

株式会社NOPPO

代表取締役社長  脇坂 真吏

社名の「NOPPO」の由来ですが、我々の活動を通じてより農業について知ることができたり、学生ならば就職先が発見できたり、農家なら販売先が広がっていったりと、様々な角度で「農業」というか括りで窓口のような存在になっていければと考え、WEB用語では窓口をポータルサイトというので、農業のポータルサイトになろう!(実際に農業ポータルサイトも運営しております。)と思い、その名前を略してNOPPOになったのです。
農業界に興味がある大学生が増えてきている中で、その「興味」がどこにあるのか、そしてその興味という部分が将来の夢や目標へ繋がっていけるようなお手伝いをしていくことで、日本農業が元気になる応援をしていきたいと思い、イベントの開催やフリーペーパーの発行、農業に興味のある学生に現場を学ぶ場の提供、
学生インターンなどの取り組みを行っています。

学生時代の活動によって形成された想いから起業し、今注目の“農業界”に新しい風を送る代表取締役脇坂氏。農業界と大学生の出会いの場を創りだす事で、新しい農業界を切り開く道を作る手助けをしています。

会社の生い立ちを教えてください

東京農大生時代は農業経済を専攻、農村調査部で活動し、農業の実情の調査などをして、農業に熱い想いを持っている仲間と共に過ごしていました。周囲からは 「農業界に興味があるが就職先が分からない(見つからない)」という声を多く聞いていました。学生インターンとして入ったベンチャー企業では、新しいプロ ジェクトのメンバーに抜擢され、野菜ソムリエの店の立ち上げを行い、店長や商品開発、インターネット販売などを手がけていました。そんな中で、取引先の企 業などからは「農業に少しでも興味があって元気のある学生が欲しい」と言われ続けていたんです。熱い想いを持った学生がいて、優秀な人材が欲しいと将来を 考えている企業がいるんです。しかし、両者のニーズは一致しているに、その想いが形になる場所がなかったんです。「日本の農業は、自分たち若者でどうにか していかなくちゃいけない!」と一念発起。農業界と大学生の出会いを創ることで、新しい価値観や新しいビジネス、多くの力が生み出されてくるはずと考えま した。そしてそれが自分に出来ることであり、今後必ず必要なことだと考え、大学4年時の卒業間近に株式会社NOPPOを立ち上げました。

大切にしていることはなんですか?

設立動機と同じで、お金を稼ごうと思って起業したわけじゃないんです。やらなくてはいけないことをどうこなしていくか?って思ったんです。就農ではなく、 単純に農業に興味がある学生が沢山いて農業界全体が比叡していて、農家側も若手が欲しいといえば欲しくて、でも出会う場所がなくて、うまくマッチングでき ない。ただでさえ農業に興味を持っているのは全体からするとほぼゼロに近くて、限りなく薄い可能性の券をもった学生がいて、彼らを良い形で農業界に結び付 けなくてはいけないというのが始まりの中で、お金を作るモデルを作るのかっては2の次3の次で、ようやくこれとこれかな?って思えてきたところなんです。
我々は、徹底的にニッチな業界で有名になろうと思っているんです。
当 初、スクールや人材派遣も考えましたが、これは他社もやると思っていましたし、資本金がある訳でも、バックがついている訳でもありませんから、資本を持っ ているとことがやってしまったら完全に勝てないんですよ。なので、誰もやらないところにいっているんです。そこを事業としてやり続けるという部分で、ニッ チで小さくやり続けられる範囲内で出来ることをやっていけば価値を見出せると思っていて、その中で効果を最大限発揮できる部分だけをやっていこうと思って います。
僕らの読みとしては、農業界は二極化してきていて皆が大規模を目指さない時代になっていると思っているんです。特に、新規で入った若者達 はほぼ目指さない側なんです。農業界が二極化した後に、「どういう世界を僕らのデザインで描いていくかと」いうのが僕らのまわりで描いている価値観なんで す。僕は、学生を決起させたり目を輝かせたりすることが仕事でいいのか?とも思っていて、学生とそういった企業を繋げる役割をすればよいのかな?って思っ ているんです。

これからの日本に一言おねがいします

農業を職として考えていきたい人に対して、農水省の外郭団体とか、意見系の団体が発信するようなもの(間違った情報は発信ではないが)ではなく、第3の中 間の組織として情報を発信したいと思っています。ちゃんとした情報を提供し続ける団体になることが社会性だと思うし、若い人たちが目指したときに、最初に タッチできるような存在になりたいんです。我々は、この負の連鎖を断ち切るために出来た組織なので、僕らが居なくなったときは素晴らしい世の中になってい ると思うんです。現在も様々な活動を通じて、農業に関する様々な情報発信、機会提供、ネットワーク形成を行っています。そして、すでに延べ400名以上が その活動に参加し、アグリビジネス界で活躍している人材もいます。単発的な繋がりではなく、学生同士が集い、そして熱い想いをぶつけあってアグリビジネス にチャレンジしていく気概を、多くの仲間で形成していってほしいと思っており、そして我々がその場所となれれば、私たちの農業活性に向けて大きな飛躍とな る事は間違いなく、若者達で作る未来に繋がると思うんです。そして、「10年後の職業希望ランキング1位=農業」にしたいと考えています。これは、弊社の 目指す若者たちによる農業活性が達成されたと実感すべく指標であり、目標でもあると思うんです。現在、“将来の夢は農家”と答える小学生は殆どいないで しょう。しかし、我々が若者達と新しい日本の農業を開拓し、農家のカリスマや業界が注目されるようになれば、必ず農家がランクインする日が来ると考えてい ます。そして、ランクインしたという事は、農家というものがメジャーになり、農業界が憧れるべき職業、つまり儲かっていたり、耀いていたりしている事だと 考えられます。自分たちの子供が、孫が小学生になった時に、「農家になりたい!」と言われ、応援してあげられるような社会にしていきたいですね。

プロフィールプロフィール


出身地  北海道札幌
生年月日  1983年12月18日(いて座)
血液型  O型
座右の銘  楽しくやる
尊敬している人物  父親(人として)、ジャック・ウェルチ
お勧めの本  わが経営(ジャック・ウェルチ)
趣味  料理(実家ではイタリアン。冷蔵庫のあるものですばやく簡単に作る!)
好きな食べ物  なんでも食べます
出没エリア  六本木周辺

会社概要

企業名 株式会社NOPPO
事業概要 ・イベント事業
・プロデュース事業
・出版事業
・調査事業
・リクルート支援
・学生団体の設立、運営管理
設立年月日 2006年3月15日
資本金 275万円
所在地 〒104-0041
東京都中央区新富1-9-4
ファンデックス銀座3F
代表者 代表取締役社長  脇坂 真吏

アクセスマップ

※このサイトは、取材先の企業から提供されている情報を忠実に掲載しております。 ユーザーは、提供情報の真実性・合法性・安全性・適切性・有用性について弊社(株式会社ディーバ)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職・転職・投資・業務提携などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社ディーバ


ベンチャー企業一覧

  • ベンチャー転職・求人・人材紹介会社「株式会社ディーバ」
  • ベンチャー企業に特化した求人情報・転職支援・人材紹介「ベンチャー求人.com」
  • 農業業界に特化した求人情報・転職支援・人材紹介「農業求人.com」
  • コンピテンシーを利用した業績向上のための人事評価制度構築・運用「人事評価システムASP(評価くん)」